【NFT】しきぶちゃんShikibuWorld(SKB)とは?特徴や将来性を紹介!【BUSONさん】

sikibuworld_thumb

九十九すい

こんにちは!九十九すいです!インスタグラムでも大人気の『しきぶちゃん』のNFTを紹介するよ!

こんな疑問をもったあなたにおすすめ!
  • NFTプロジェクト しきぶちゃん(ShikibuWorld)とは?
  • しきぶちゃん(ShikibuWorld)は誰が運営しているの?
  • ShikibuWorldの特徴と将来性は?

しきぶちゃん(ShikibuWorld)は、イラストレーターであるBUSONさんが立ち上げたNFTプロジェクトです。保有枚数によって、人気イラストのしきぶちゃんを商用利用もできます!

しきぶちゃん

「キャラクターの命のバトンはNFT」をコンセプトに、メンバーが1万人を超える12月に発売予定の大注目プロジェクトです。

たとえば、しきぶちゃんのNFTと同様に格安で販売されたCryptoNinja Partners(通称:CNP)

初期販売時200円前後から現在は35万ほどになっており、その値段が大きく下がることはないです。

しきぶちゃんのNFTも購入しやすいタイミングで買っておけば「あのとき、買っておけばよかった、、」ということもありえます。

ぜひ本記事を通して、ビットバンクの口座を開設し検討してみてください!

手数料で損をしないためのお知らせ!

仮想通貨をビットバンク以外で買った時点で大きく損してます!

取引のたびに手数料を取られ、気づけば1万円を超えたこともあります…。

ビットバンクは損するどころか、手数料のキャッシュバックがあります!

仮想通貨取引に慣れている人こそ、利用している国内取引所なので、おすすめです!

取引所名最大手数料5万円分購入した場合
bitbank-0.02%
※makerのみ
※一部銘柄を除く
+10円
coincheck5%-2,500円
bitflyer0.15%
-75円

\【期間限定】口座開設で現金1000円プレゼント! /

公式サイト:bitbank.cc

くわしい口座開設手順は、『bitbank(ビットバンク)の評判記事』をどうぞ!

九十九すい

イッツ・ショータイム!

目次

しきぶちゃん(ShikibuWorld)の基本情報【NFT】

shikibu_opensea
コレクション名しきぶちゃんShikibuWorld(通称:SKB)
個体数10,000
初期販売日2022年12月11日
初期価格0.001ETH
Openseahttps://opensea.io/collection/shikibu-world
公式サイトhttps://shikibuworld.com/ 
公式ディスコードキャラDAO

クリエイターであり、マーケターでもある「BUSON@BUSON2025」さんが手掛ける国内ジェネラティブコレクションです。

SNSの総フォロワーが100万人以上のWeb2で大活躍されているBUSONさん。

日本のNFT参加者を大きく増やすプロジェクトとしても期待されており、インスタグラムなどのユーザーからどれだけNFT購入者が増えるかにも注目です。

プロジェクトを支えているキャラDAO運営のコアメンバーは、NFTに対する知見が深く、優秀なクリエイターチームやマーケター班がいます。

BUSONさんの意思を共有している強いコミュニティが結成されており、「初心者にやさしいコミュニティ」としての評価も高いです。

手を挙げれば誰でもコミュニティ運営側に参加できるのも魅力であり、まずはキャラDAOに参加して運営側として「活動」してみるのもおすすめになります。

しきぶちゃん(ShikibuWorld) 3つの特徴【NFT】

1|伴走できるコミュニティ

NFTコミュニティには簡単に参加することができますが「運営側」として参加することは難しいです。

しかし、ShikibuWorldは情熱を持って挙手すれば運営側として参加することが可能なのが特徴になります。

とーるくん

特別なスキルを持ってない人はどうすればいいのですか?

そんなあなたに朗報です!

特別なスキルがない人でも「Twitter拡散班」や「初心者対応班」、「インスタグラム拡散」などたくさんのポジションがあるので、挑戦しやすい環境があります。

何ができるかわからない人でも、コミュニティに入り相談すれば、運営が素早く対応してくれるので安心してください。

NFTコミュニティに参加するだけで視野は広がりますが、「運営」として参加すると得ることのできる経験値が全然違います。

何よりも一緒に走る「仲間」ができるのが特徴で、BUSONさんはよく貢献ではなく「伴走」と表現しています。

運営として伴奏できるやさしいコミュニティである「キャラDAO」で、NFTコミュニティ体験を始めてみてはいかがでしょうか。

2|ShikibuWorldを商用利用できる

ShikibuWorld

しきぶちゃん(ShikibuWorld)のNFTを50体保有することで、しきぶちゃんを商用利用することができます。(利用規約に則り契約必要あり)

九十九すい

ブランドを守るための契約みたいだね!

実際、企業がしきぶちゃんを商用利用するとなると何十万〜何百万するとも言われています。

ですが、しきぶちゃんNFTはそのときのレートにもよりますが「約3万円」ほどの価格で購入することができます。

約3万円×50体で150万円ほど必要になりますが、商用利用もでき、NFTも所有できるメリットがあります。

商用利用が終わった後にNFTを売却することで、プラマイゼロ、もしくはプラスに持っていける可能性もでてきます。

また、「商用利用できても自分はうまく使えないよ」という人も多いと思いますが、そういった人のために「レンタル機能」を搭載する、との話もでています。

「レンタル機能」については言及しているので今後の発表を待ちましょう。

NFTを持つことで得られる「権利」を利用して、新しいビジネスを始める、もしくは考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

とーるくん

有名企業にも採用されたしきぶちゃんを商用利用できるのはすごいです!

3|企業とのつながりが強いNFTプロジェクト

BUSONさんはイラストレーターとしてすでに大成功していて、いくつもの企業とお仕事をしてきた実績があります。

「じゃがりこ」ともコラボしており、NFTコレクターがしきぶちゃんコラボのじゃがりこを見つけてTwitterに投稿していました。

また、企業だけでなく警察などの公共機関ともコラボしており、しきぶちゃんのIPとしての強さは証明されているといっても良いでしょう。

2022年12月時点での、NFTプロジェクトはIP (キャラクターなどの知的財産)を確立し展開していくロードマップを敷いています。

BUSONさんに実績と知見があり、マーケティングに組み込めるのもしきぶちゃん(ShikibuWorld)の大きな強みですね。

他のNFTプロジェクトにはない強みを持っている「ShikibuWorld」に今後も注目していきましょう!

しきぶちゃん(ShikibuWorld)の将来性が高い理由【NFT】

しきぶちゃん(ShikibuWorld)の将来性が高い理由は下記です。

コミュニティの力がとても強い

unity

BUSONさんと一緒に走るコミット力の高い運営コアメンバーが30名弱、その他活動できる範囲で動いてくれているメンバーは200~300人います。

これだけの人数が関わっているNFTプロジェクトはなかなかありません。

特にコアメンバーはそれぞれがなにかしらのスペシャリストであることが多く、各々の得意分野で活躍しコミュニティに貢献しています。

Twitterスペースのバナーを作成、しきぶちゃんのアニメーション、クリプトの教科書作成など、同時進行でクオリティの高い成果物を制作。

すでに本当の意味で「DAO」的な動きができているコミュニティで、今後この動きは加速していくと思われます。

参加者が増えていくことで、参加者の中から運営になる人も増えていき、さらにコミュニティが強くなると思われます。

まだ参加されてない方は、この機会に参加して成長の過程を体験されてみてはいかがでしょうか?

九十九すい

ShikibuWorldは「DAO化」してきているんだね!

BUSONさん単騎でも強い

イラストレーター/漫画ブロガー/YouTube/Instagramer(長崎県在住)

Instagramに投稿していたイラスト漫画が話題になり70万人の方からフォローされ、現在では大手企業の広告制作やネットメディアでの連載、出版、漫画ブログ運営(月間約1000万PV)、YouTube(登録者15万人)、グッズ制作LINEスタンプ、イラスト展やトークショーなどイベント開催など幅広く活動している。
SNSの総フォロワー数は110万人を超える。
2021年からNFTアーティストとして活動開始。コレクション名『CryptoBabyAnimals』
​2022年7月NFTコミュニティ『キャラDAO』を立ち上げ参加メンバー5,000名を超える。

ーー引用元:BUSONさん公式ページ

ShikibuWorldの最大の強みであり、将来性に期待できる根拠は「BUSONさん」と言えるでしょう。

イラストレーターでもあり、マーケター、セールスも担当しています、さらにジェネラティブコレクションの作成も自身で行えると明言されていました!

たとえBUSONさん一人になったとしても、ShikibuWorldは走り続けることができます。

またBUSONさんは「やる」と決めたことはやり抜くと断言しており、また決めたことは叶えてきているとお話しされています。

最初に出したNFTコレクション「CBAs」(シービーエーズ)は0.1ETHで発売後、100体ほど売れた後鳴かず飛ばずでした。

そこからNFTにフルコミットすると決め、CBAsの価値は1体「1.5ETH」ほどになるまで成長したのです。

そこに前述のコミュニティの力が加わったので、今後日本NFT界のメインストリームを作っていくプロジェクトになる可能性は高いといえます。

NFTの収入に頼らなくていい

多くのNFTクリエイターは本業をやりながら、隙間時間で制作している方が多いのが今のNFT界隈の基本の流れでしょう。

しかし、ShikibuWorldのBUSONさんはNFTで「稼ぐ」ことを目的としていないのが強みです。

なぜなら、すでに人気キャラクターである『しきぶちゃん』で成功をおさめNFTを「次の事業」としてフルコミットできる環境があります。

そのため、ShikibuWorldの一次販売で得た資金はそのまま運営費に充てることができ、成長のスピードを高めることが可能です。

これは他のクリエイターやプロジェクトが真似するのが難しい「強者の戦い方」です。

この強者の戦い方で大きな成功を収めているのが、NFTインフルエンサーのイケハヤさんがマーケティング担当の日本で1番売れているNFT「CNP」です。

このように、NFT事業と別に収入源があり、NFTの収入に頼らなくていいことによる打ち手ができるプロジェクトは強いです。

とーるくん

SNS総フォロワー100万人超えてるなんてすごいです!

ShikibuWorldの買い方【5ステップ】

STEP1|ビットバンクで口座開設

NFTを始める最初のステップは、国内仮想通貨取引所「ビットバンク」で口座開設をします。

仮想通貨取引所とは、NFTを購入するときに必要になるイーサリアム(通称:ETH)という仮想通貨を購入するためのお店のようなところです。

口座開設は、10分ほどで終わります。

仮想通貨口座は2つ以上もっておけば口座凍結などの不測の事態にすぐに対応できるので、ビットバンクも作っておきましょう!

くわしい口座開設手順は、『bitbank(ビットバンク)の評判記事』をどうぞ!

\【期間限定】口座開設で現金1000円プレゼント! /

公式サイト:bitbank.cc

>>ビットバンク公式サイト

ビットバンクの口座開設の方法や特徴を詳しく知りたい方は、下記の記事をどうぞ!

イーサリアム(仮想通貨)を購入

口座開設が終わりましたら、NFTを買うためのイーサリアム(ETH)の購入手順をお伝えします。

イーサリアムを購入するためには、はじめにビットバンクに日本円を入金する必要があります。

STEP
指定口座の確認

ホーム画面の「販売所」→「入金する」をクリック。

bitbank1

「入金」→「JPY」をクリック。

bitbank2
STEP
日本円を入金

表示された振込先に、日本円を振込をします。

振込先は『GMOあおぞらネット銀行 / データ支店』になっていますが変わることもあるので、必ずご自身で確認をお願いします。

bitbank3

早ければ、10分前後で、ビットバンクに入金がされています。

STEP
イーサリアムを購入

「①ETH」→「②買う」をクリックします。

bitbank4

金額を入力して、問題なければ、「購入内容の確認」をクリッします。

その後、購入金額の最終確認があるので、問題なければ「購入を確定する」をクリックします。

九十九すい

「買い価格」は、5秒ごとに変わるよ!金額の横にある数字はカウントダウンのための数字だね!

bitbank5
bitbank6

購入完了すると「SUCCESS」の文字が現れます。

bitbank7

STEP2|MetaMask(メタマスク)を作成

NFT売買でイーサリアムを使用するには、MetaMask(メタマスク)と呼ばれる仮想通貨専用の財布のようなものが必要です。

STEP
インストール

メタマスクは「Google Chromem」の拡張機能、もしくは「アプリ」があるので、お好きな方を選んで進めてください。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

STEP
ウォレット作成

初めての方は、インストール後、メタマスクを起動し「ウォレットの作成」をクリックして、ウォレットを作成します。

metamask2

内容は特に難しくないので、説明に従って必要項目を入力してください。

詳しく知りたい方は『おすすめNFT・仮想通貨ウォレット/メタマスクへの登録方法をご紹介』で図解付きで説明しているのでどうぞ!

登録が完了すれば、メタマスクの導入は完了です。

「シークレットリカバリーフレーズ」は誰にもわからないように保存をしてください。これが他人に知られると仮想通貨やNFTの盗難に繋がります。

STEP3|イーサリアムをメタマスクへ送金

次に、最初に登録をしたビットバンクから、メタマスクにイーサリアム(ETH)を送金します。

送金のステップは、以下の通りです。

  1. メタマスクのアドレスをコピー(確認)
  2. ビットバンクで送付先の登録(登録)
  3. ビットバンクからメタマスクに送金(送金)
STEP
メタマスクのアドレスをコピー(確認)

メタマスクを開いて、「0x」から始まるアドレスをコピー(クリック)してください。

meta3

「PCだと右上」「スマホだと上」になるネットワークが「イーサリアムメインネット」になっていることを確認してください。

デフォルトでは「イーサリアムメインネット」が設定されています。

この設定は「経路」を選択するイメージです。

使っているシステムごとにネットワークが違います!間違った「ネットワーク」や「アドレス」に送金してしまうと、仮想通貨が無くなってしまいます(自己責任)ので、注意してください!

九十九すい

イーサリアムは「イーサリアムメインネット」という経路を使っているよ。

とーるくん

ネットワークを間違えると、最悪、仮想通貨を失うことになります…

STEP
ビットバンクで送付先の登録(登録)

ビットバンクでメニューを開き、「①出勤」→「②ETH(イーサリアム)」をクリックします。

bitbank8

送付先の指定をします。初めて使う方は、アドレス(送付先)を作成する必要があるので「アドレス一覧」→「新規作成」をクリックます。

bitbank9
bitbank10

次の画面に移行したら、下図を参考に入力します。

bitbank11
  • ラベル:任意の名前
  • ETHアドレス:ウォレットのアドレス(0xから始まる英数字)
  • 送金先:プライベートウォレット
  • 受取人:本人
  • 出金目的:任意
  • 確定

確定すると、「アドレス」が選択ができるようになります。

STEP
ビットバンクからメタマスクに送金(送金)

次に、イーサリアムをメタマスクに送金します。

先ほどの画面で「引出数量(イーサリアムの購入金額)」を入力して、「引出内容を確認」をクリックします。

bitbank12

内容に問題がなければ、口座開設に登録した「Authenticator」で2段階認証コードを確認・入力します。

最後に「確認コード送付」をクリックし、SMSで確認した数字を入力後、「出金をする」をクリックすれば完了です!

bitbank13
bitbank14
bitbank15

ネットワークが混雑していなければ、5分前後でメタマスクにイーサリアムが送られてきます。(混雑時:30分以上)

STEP4|OpenSeaでアカウント作成&連携

続いて、OpenSeaへの登録です。

STEP
メタマスクと連携

OpenSeaの公式サイトにアクセスをし、画面右上のアイコンをクリックします。

OpenSea01

その後「Settimg」を選択をすると、OpenSeaと連携するウォレットを選ぶ画面が表示されます。

MetaMask(メタマスク)を選びましょう。

OpenSea02

すると「著名の要求」というポップアップが表示されるので「著名」をクリックします。

OpenSea06

これで、OpenSeaとメタマスクの連携が完了しました。

九十九すい

Amazonに、クレジットカードの情報を登録するイメージだよ!

STEP
プロフィール情報登録

その後「Profile Setting」ページが表示されるので「Username(名前)」「Email Address(メールアドレス)」を入力しましょう。

OpenSea03
OpenSea プロフィール設定
プロフィール記入項目
  1. Username:好きな名前【必須】
  2. Bio:自己紹介文
  3. Email Address:メールアドレス【必須】
  4. Links:URLを入力
  5. Wallet Addres:自分のウォレットのアドレス
  6. profile Image:アイコン/350×350px(最大サイズ100MB)
  7. Profile Banner:バナー/1400×400px(最大サイズ100MB)

入力が完了したら「Save(保存)」をクリックすると、上記で設定したアドレスに「認証メール」が送られてきます。

メールを開いて「VERIFY MY EMAL(アドレスを認証する)」をクリックしてください。

これで、OpenSeaでの登録が完了したので、NFTの購入・販売ができるようになりました。

おつかれさまでした!

STEP5|ShikibuWorldを購入

キャラDAO(ディスコード)内でOpenSeaにアクセスします。

好きなNFTを選んで「Add to Cart(カートに追加)」をクリック。

Opensea_shikibuworld

右上に「カートのマーク」があるのでクリックすると、ウォレットの確認画面になるので「Compleate purchase(購入を完了する)」

ガス代を含む最終決済額で問題なければ「Compleate(購入)」をクリックします。

これで購入完了です!

大切なNFTを守る方法

  1. 必ずディスコード・公式からアクセスする
  2. DMは必ず疑う!
  3. 大切なNFT・仮想通貨を守る方法

必ずディスコード・公式からアクセスする

OpenSea内の検索から、NFTプロジェクトを検索しないでください。

中には本物そっくりの詐欺サイトもあります。

間違って詐欺サイトから購入すると、あなたの大切な仮想通貨やNFTを盗まれる可能性があります。

購入サイトなどに訪れる際は、ディスコードの「公式リンク集」、もしくは公式(SNS・ホームページ)からのアクセスが最も安全です。

ディスコードは、NFT界隈でコミュニケーションツールとして使われているチャットツールです。

ディスコードに入るのに必要なものは「メールアドレス」のみです。

DMは必ず疑う!

有名人、知り合いなど、どんな人からDMをもらっても、まずは必ず疑ってください。

送られてきたDMのリンクにアクセスすると、ウォレットがハッキングされる可能性があります。

詐欺師は、具体的には下記方法でDMをしてきます。

【要注意】詐欺師のDMの内容一覧
  • ホルダー向けのエアドロップの案内
  • ホワイトリスト / アラウリスト(優先購入)配布
  • NFT当選
  • 新情報の案内
  • ウォレットのシードフレーズを聞かれる

ただし、企画の当選などで公式からDMがくることがあります。

そのときはTwitterアカウントの普段の発信内容やフォロワー数、一次情報の確認を必ず行ってください。

どんな状況でも、まずは疑うことが重要です。

詐欺被害の多くががDMによる被害です。

大切なNFT・仮想通貨を守る方法

仮に詐欺サイトにアクセスしても、大切なNFT・仮想通貨を守る確立を大幅に上げる方法があります。

ハードウェアウォレットは、金庫のようなものだと考えてください。

仮想通貨用の財布とはいえ、全財産をまとめて置くのは非常に危険です。

現実世界で例えるなら、コンビニに行く際に毎回全財産を財布に入れていくようなものです。

明らかに危ないですよね?購入したNFTをハードウェアウォレット(金庫)に入れておけば、安全性がかなり上がります!

わたしのおすすめは、世界でもっとも売れているレジャーナノ です。

レジャーナノ バナー

\ 暗号資産を最先端セキュリティで守る! /

ハードウェアウォレットがあれば、仮に詐欺サイトにアクセスしたとしても、MetaMaskの中に、NFT・仮想通貨がなければ盗まれるものがないので問題ないです。

NFTや仮想通貨は一度盗まれると帰ってくることは、ほぼ100%ないです。

価格も1万円くらいなので、数十万円のNFTを守るためのものと割り切って買うのはありだと思います。

他のウォレットを『NFT・仮想通貨ウォレットおすすめ/メタマスクへの登録方法をご紹介』の記事で紹介していますので比較にどうぞ!

【結論】ShikibuWorldは将来性しかない!

この記事のまとめ
  1. インスタグラムで大人気のキャラクター『しきぶちゃん』をNFT化したコレクション
  2. ShikibuWorldは、初心者にも優しく、スキルフルな方が集まる期待値大のコミュニティ
  3. 世界取引額ランキングでも、1位を取得したことのある将来性があるプロジェクト

今後インスタグラムがNFTにより対応していったり、NFTが普及し多くのインスタグラムユーザーがNFTに興味を持つことも予想されます。

その流れができれば、インスタグラムを主戦場にしているBUSONさんのコレクションに、多くのファンが参入してくることも期待できます。

ポジティブな要素の多い「ShikibuWorld」は期待値の高さは「次のCNP」候補筆頭になるくらい高いと言えるでしょう!

これからどうなっていくのか、今後の動きに目が離せません!

その他のプロジェクトが気になる方は、『初心者向けNFTコレクション!NFTの判断基準もご紹介』で紹介していますのでよろしければどうぞ!

TechMoire(テックモワ)では、web3(AI / メタバース)やITスクールの情報などを中心に情報を発信しております。

もしよければ、X(@TechMoire)のフォローなどもよろしくお願いします。

一緒に最新技術を楽しんでいきましょう!

九十九すい

それでは、ありがとうございました! 

管理者情報

ITコンサルタント

あらき きりん

現役ITコンサルタント 兼 Webディレクターとして従事。2015年に未経験からITスクールに入学。その後、EdTech企業にて、IT講師として大手企業や個人受講生に向けた授業(Webデザイン、プログラミング、マーケティング、ディレクションなど)を担当。スクールキャリアカウンセラーとして、述べ1,000人以上のキャリアサポートや授業を経験。現在は、IT系メディアの運営や企業ITサポート、Web制作をしながら、web3についての情報を発信しています。本メディアの記事はすべて、わたしが監修しています。

  • URLをコピーしました!
目次