ETHから紫ETH(ポリゴン / イーサリアム)に変換(ブリッジ)する方法を画像付きで解説

九十九すい

こんにちは!九十九すいです!今回はイーサリアム(Ethereum)を紫ETH(ポリゴン / イーサリアム)に変換する方法を紹介してもらうよ!

こんな疑問をもったあなたにおすすめ!
  • ETH(イーサリアム)と紫ETH(ポリゴン / イーサリアム)の違いを知りたい
  • 紫ETHへの変換方法を知りたい
  • ガス代を抑えて紫ETHに変換する方法を知りたい

紫ETH(ポリゴン / イーサリアム)は、Polygonチェーンで使えるようにしたイーサリアムのことです。

OpenSeaや海外取引所を利用すれば、簡単に入手できます。

>>紫ETHへの変換方法をすぐに見たい方はこちらをクリック

この記事を読めば、ETHと紫ETHの違いや、具体的な変換方法を画像付きで理解できます。

Bybitを利用してガス代を抑える方法も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

Bybitを利用するためには、口座開設を済ませておく必要があります。

まだ口座を持っていない方は、今のうちに登録をすませておきましょう。

\ 今なら最大5,030ドルがもらえる! /

公式サイト:bybit.com/ja-JP/

九十九すい

イッツ・ショータイム!

目次

【一覧表】OpenSeaで使えるETHは3種類ある

3つのETH

OpenSeaで使えるETHは3種類存在し、それぞれ入手方法と用途が違います。

違いを表にまとめたので、参考にしてください。

     ETH        紫ETHWETH
(Wrapped ETH)
OpenSeaでの
名称(通称)
黒イーサ紫イーサ赤イーサ
ネットワークイーサリアムポリゴンイーサリアム(ERC-20)
主な入手方法仮想通貨取引所で購入
  • OpenSeaまたは別の場所でETHから変換(ブリッジ)
  • Polygonチェーンでポリゴンを紫ETHに交換(スワップ)
OpenSeaまたは別の場所でETHから交換(スワップ)
用途取引全般ポリゴンで販売されているNFT買うときオークションやオファー
取引量多い少ない多い
アイテム数多い少ない多い
価格帯高い低い高い
出品者の負担出品時のガス代(高い)出品時のガス代(低め)出品時のガス代(高い)
購入者の負担購入時のガス代(高い)ブリッジ[交換]・購入時のガス代(低め)・1ETH以上:OpenSeaが負担
・1ETH未満:出品者が負担
円への直接交換可能不可不可

スワップとは・・・同じブロックチェーン上で、仮想通貨を交換すること。PayPayやLINEPayなど、日本円を電子マネーと交換するイメージに近いです。(例:現金⇔PayPayやLINEPayなどの電子マネー)

ブリッジとは・・・異なるブロックチェーン間で、仮想通貨を交換すること。旅行にいくために、自国の通貨を旅行先の通貨に両替するイメージです。(例:日本円⇔ドル)

九十九すい

この記事では、紫ETHに変換する方法を教えるよ!

とーるくん

赤イーサとは異なるので注意してください!

ETHを紫ETHに変換する前準備

ETH(黒イーサ)の準備

まずは交換するためのイーサリアムが必須なので、準備しておきましょう!

わたしのおすすめは、手数料がオトクなbitbank(ビットバンク)です。

すでに別の仮想通貨取引所で取引している方で、ビットバンクを開設していない方はもっていないと損ですよ!

仮想通貨口座は2つ以上もっておけば口座凍結などの不測の事態にすぐに対応できるので、ビットバンクも作っておきましょう!

くわしい口座開設手順は、『bitbank(ビットバンク)の評判記事』をどうぞ!

\【期間限定】口座開設で現金1000円プレゼント! /

公式サイト:bitbank.cc

メタマスク作成

詳しく知りたい方は『NFT・仮想通貨ウォレットおすすめ10選/メタマスクへの登録方法をご紹介で図解付きで説明しているのでどうぞ!

Openseaアカウント作成

詳しく知りたい方は『OpenSeaのアカウント作成・登録方法を画像で解説!』で図解付きで説明しているのでどうぞ!

【知っておこう!】ポリゴン / マティック(Polygon / MATIC)は何に使うのか?

ポリゴンとは?

ポリゴンは、Polygonネットワークで使われる独自通貨。

主にNFTマーケットプレイスの決済用通貨として利用されています。

ポリゴンはイーサリアムの処理速度の遅さと、取引コストの高さを解決するために開発されました。

イーサリアムのセカンドレイヤーとして機能し、一部の取引のみを行うため処理速度が速く、ガス代を抑えられます。

さらに詳しく知りたいときは『【初心者向け】仮想通貨Polygon / MATIC(ポリゴン / マティック )とは?』もどうぞ!

ポリゴンを手に入れる方法

ポリゴンは仮想通貨取引所や、分散型取引所(DEX)で購入しましょう。

分散型取引所(DEX)・・・ブロックチェーンで構築された中央運営者の存在しない仮想通貨取引所。

国内であれば、以下の取引所で購入できます。(2023年7月時点)

海外であれば、主に以下の取引所で購入可能。

紫ETHへの変換方法

それぞれ難易度と手数料が異なるので注意が必要です。

難易度手数料目安
OpenSea数百円〜数千円※
Bybit数十円

※イーサリアムネットワークの混雑具合によって変動します。

Openseaから変換する方法

OpenSeaはイーサリアムチェーンのETHを、Polygonチェーンの紫ETHに変換(ブリッジ)できます。

OpenSeaとMetaMaskを連携したら、画面右上のETHが表示されている箇所をクリック。

WETH 01

イーサの変換画面が表示されるので、右上の「Ethereum」をクリックして「Polygonへブリッジ」を選択しましょう。

WETH 02

トークン変換ページが表示されるので、変換するETHの数量を入力して「トークンを変換」をクリック。

WETH 03

MetaMaskが起動し、ブリッジに必要なガス代が表示されます。

WETH 04

問題がなければ画面の指示に従ってブリッジを進めましょう。

MetaMaskのPolygonネットワークに紫ETHが表示されていれば、ブリッジは完了です。

ブリッジは30分ほど時間がかかります。

Bybitから変換する方法

Bybitを利用すれば、ガス代を抑えて紫ETHを入手できます。

今回は国内取引所bitbankを使って解説します。

口座開設がまだの方は今のうちに登録しておきましょう。

STEP1|XRPをBybitに送金を

WETH Bybit 01
STEP

Bybitの口座開設

Bybitでポリゴンを購入するには、口座開設を済ませておく必要があります。

登録は本人確認(KYC)を含めて15分程度で完了します。

Bybit公式サイトにアクセスして「今すぐ登録」をクリックしましょう。

WETH Bybit 02

登録はメールアドレス・電話番号・Googleアカウント・AppleIDで登録可能です。

画面の指示に従って登録手続きを済ませましょう。

WETH Bybit 03
STEP

仮想通貨取引所からXRPを購入

bitbankからBybitへ送金する際は、XRP(リップル)を使えば送金手数料を抑えられます。

XRPを扱っている仮想通貨取引所から購入をしましょう!

\【期間限定】口座開設で現金1000円プレゼント! /

公式サイト:bitbank.cc

STEP

bitbankからBybitへXRPを送金

bitbankからXRPを送金するには、まずBybitで入金用アドレスを発行する必要があります。

Bybitにログインして、画面右上のアカウントメニューから「現物」をクリック。

WETH Bybit 04

XRP欄の「入金」をクリック。

WETH Bybit 05

入金アドレスが表示されるので、「ウォレットアドレス」と「入金タグ/メモ」をコピーしましょう。

WETH Bybit 06

bittankにログインして、出金ページからXRPを選択します。

WETH Bybit 07

Bybitにコピーしたアドレスとタグを登録して、XRPを送金しましょう。

XRP送金時にタグを入力し忘れると、通貨を失うので注意してください。

WETH Bybit 08

STEP2|XRPをUSDTに交換 / MATICを購入

WETH Bybit 09
STEP

XRPとUSDTを変換

XRPではポリゴンを直接購入できないため、決済用通貨として使われているUSDT(テザー)と交換しましょう。

USDT(テザー)・・・米ドルの価格と連動したステーブルコインの一つ。

Bybitの現物取引所にアクセスして「XRP/USDT」ペアを選択します。

WETH Bybit 10

画面右側の取引欄から「売り」を選択。

「成行」を選択して、USDTに交換するXRPの数量を入力したら「XRPを売る」をクリックしましょう。

WETH Bybit 11

成行・・・成行取引のことで、価格を指定せずに市場価格で購入する注文方法。すぐに通貨を購入できるメリットがある。

STEP

MATICを購入

USDTを購入したら「MATIC/USDT」ペアを選択。

「買い」を選択して「成行」を選択したら、売却するUSDTの数量を入力して「MATICを買う」をクリックしましょう。

WETH Bybit 12

以上でポリゴンの購入は完了です。

STEP3|ポリゴンをMetaMaskに送金

WETH Bybit 13
STEP
ポリゴンをMetaMaskに送金

MetaMaskを起動して、アカウント名の下に表示されている入金用アドレスをコピーしましょう。

WETH Bybit 14

Bybitの現物ページにアクセスして、ポリゴンの「出金」をクリック。

WETH Bybit 15

コピーしたアドレスをペーストして、チェーンタイプは「MATIC」を選択しましょう。

MetaMaskに送金するポリゴンの数量を入力して「提出」をクリック。

WETH Bybit 16

画面の指示に従って手続きを進めれば、MetaMaskへの送金は完了です。

STEP
ポリゴンを紫ETHにスワップ

ポリゴンの入金が完了したら、MetaMaskでポリゴンを紫ETHにスワップ(交換)します。

MetaMaskのネットワークを「Polygon Mainnet」に切り替えておきましょう。

WETH Bybit 17

「スワップ」をクリックします。

WETH Bybit 18

スワップ元にポリゴン、スワップ先にWETHを選択し、ポリゴンの数量を入力したら「スワップの確認」をクリック。

WETH Bybit 19

紫ETHもラップされた(加工された)ETHのため、WETHと呼ぶことがあります。

スワップに必要なガス代と、スワップ後の紫ETH数量が表示されるので「スワップ」をクリックしましょう。

WETH Bybit 20

以上で、紫ETHを入手できました。

手軽さはメタマスク内変換。手数料でオトクなのはBybit経由!

この記事のまとめ
  • 紫ETHはPolygonチェーンで利用できるETHのこと
  • OpenSeaでブリッジ(変換)すれば紫ETHを入手できる
  • Bybitを利用すればガス代を抑えられる

紫ETHやポリゴンは、OpenSeaやBybitを利用すれば簡単に入手できます。

しかし、OpenSeaでETHを紫ETHにブリッジすると、数百円〜数千円のガス代が必要です。

OpenSeaでのNFT購入コストを抑えたいなら、Bybitを利用すると良いでしょう。

Bybitを利用するには、口座開設を済ませておく必要があります。

口座をまだ持っていない方は、今のうちに登録しておきましょう。

\ 今なら最大5,030ドルがもらえる! /

公式サイト:bybit.com/ja-JP/


TechMoire(テックモワ)では、web3(AI / メタバース)やITスクールの情報などを中心に情報を発信しております。

もしよければ、X(@TechMoire)のフォローなどもよろしくお願いします。

一緒に最新技術を楽しんでいきましょう!

九十九すい

それでは、ありがとうございました! 

管理者情報

ITコンサルタント

あらき きりん

現役ITコンサルタント 兼 Webディレクターとして従事。2015年に未経験からITスクールに入学。その後、EdTech企業にて、IT講師として大手企業や個人受講生に向けた授業(Webデザイン、プログラミング、マーケティング、ディレクションなど)を担当。スクールキャリアカウンセラーとして、述べ1,000人以上のキャリアサポートや授業を経験。現在は、IT系メディアの運営や企業ITサポート、Web制作をしながら、web3についての情報を発信しています。本メディアの記事はすべて、わたしが監修しています。

  • URLをコピーしました!
目次