Brave(ブレイブ)のキャッシュクリアと閲覧履歴の削除方法をご紹介!

Brave_cashclear_thumb

九十九すい

こんにちは!九十九すいです!今回はBrave(ブレイブ)のキャッシュクリアと閲覧履歴の削除方法を紹介してもらうよ!

こんな疑問をもったあなたにおすすめ!
  • Braveのキャッシュクリアする方法を知りたい!
  • 検索履歴を消しておきたい!
  • Braveが重いから軽くしたい!

キャッシュクリアと閲覧履歴の削除方法をPCとiPhoneそれぞれで紹介します!

Braveを使っていて「前よりも重たい気がする…」と感じたらキャッシュや閲覧履歴を削除しましょう。

以前よりも動作が軽くなるはずです。

わたしは定期的にキャッシュクリアをすることで快適さを維持できています。

またBraveは多機能なブラウザで拡張機能をつけたり仮想通貨BAT(バット)を手にすることもできます。

ブレイブでは利用するだけで仮想通貨BAT(バット)で稼ぐことができます。仮想通貨BAT(バット)を取り出すのにはビットフライヤーで口座開設がおすすめです!

>>仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)の仕組みや将来性を紹介!

TechMoireオリジナル書籍販売中!

kindle-unlimited-view

使っていないだけで、間違いなく損しています!

Braveを1年間使い続けている、わたしが自信をもっておすすめできる便利な使い方まで紹介。

乗り換えるのが面倒だと思っているかもしれませんが、ブックマーク移行も3分で終わります!

kindle Unlimitedなら無料で読める!

九十九すい

イッツ・ショータイム!

目次

【PC】Braveキャッシュクリア&閲覧履歴削除

1|Braveの設定画面を表示

Braveのトップページの右下にある歯車マークをクリックします。

Brave ホーム画面

2|「プライバシーとセキュリティ」をクリック

左の設定の項目一覧から「プライバシーとセキュリティ」をクリックしてください。

Brave 設定画面 プライバシー

「プライバシーとセキュリティ」が表示されるので「閲覧データの削除」を選びましょう。

3|閲覧データの削除からデータを選択

「閲覧データの削除」からそのデータを削除するか選びます。

キャッシュも閲覧履歴もここから選ぶことが出来ます。

Brave 閲覧データの削除

基本設定の横にある詳細設定を押せば、より細かくデータをわけて削除することが可能です。

Brave 閲覧データの削除 詳細設定

最後に右下の「データを削除」をクリックすれば完了です!

【iPhone】Braveキャッシュクリア&閲覧履歴削除

1|Braveの設定画面を表示

スマホでBraveを開き、トップ画面の右下にある三点リーダーのメニューボタンをタップします。

Brave スマホ

機能の一覧が出てくるので、一番下にある設定を押します。

Brave スマホ 設定

2|「Brave Shields & プライバシー」をタップ

設定画面を開くと、機能に「Brave Shields & プライバシー」があるのでそれをタップします。

Brave スマホ プライバシー

3|プライベートデータを消去でデータを選択

開いた画面を少し下にスクロールすると「プライベートデータを削除する」という項目が出てきます。

Brave スマホ データ選択

閲覧履歴、キャッシュそれぞれ項目があるので消したい項目だけ設定します。

下にある「今すぐ削除する」をタップして確認のポップアップも承諾すれば削除完了です。

Brave スマホ データ削除

Braveはたった3ステップでビットフライヤーと連携できるので、仮想通貨を始めたいと思っているあなたには仮想通貨BATを連携して入手するのがノーリスクでおすすめです!

>>【3ステップ】BraveとbitFlyerの連携方法!ネット閲覧だけで仮想通貨を無料でGET!

閲覧履歴を残さない方法【プライベート機能】

プライベート機能を使うことで、ウィンドウを閉じるときデータが保存されません。

保存されないもの
  • 閲覧履歴
  • フォームデータ
  • Cookie
  • サイトデータ

この記事はブラウザ(PC)とiOS(iPhone)の2つを紹介します。

【PC】Braveプライベートモードの設定

Braveウィンドウの右上にある三本線のアイコン「≡」(ハンバーガーメニュー)をクリックします。

Brave 

上から3つ目にある「シークレットウィンドウを開く」をクリックしてください。

Brave シークレットウィンドウ

するとプライベートウィンドウが表示されます。

たったこれだけでデータが保存されないプライベートウィンドウを使用することができます!

Brave プライベートウィンドウ

【iPhone】Braveプライベートモードの設定

Braveを開き、ホーム画面からタブ表示をタップします。

Brave スマホ タブ

タブ一覧画面の左下にある「プライベート」を押します。

Brave スマホ プライベート

するとプライベートブラウジングという画面になるので下の「+」ボタンを押せば新しいタブが表示されます。

Brave スマホ プライベートウィンドウ
九十九すい

iPhoneでプライベート機能を解除したいときは、下の画像みたいにタブ一覧の左下にある紫の「プライベート」というボタンをタップすれば元のタブに戻るよ!

Brave スマホ 解除 プライベート

プライベート機能の注意点

ネットワークには情報が残る

プライベートウィンドウは行動履歴を残しませんが、ネットワークなど一部からチェックされる可能性があります。

  • 訪問したWebサイトと、サイトで使用されている広告やリソース
  • お使いのネットワークの所有者/管理者
  • インターネットサービスプロバイダー
Brave公式サイト「プライベートウインドウとは?」より
とーるくん

一体どんな情報が見られてしまうのですか?

九十九すい

IPアドレスから大まかな利用地域などがわかるよ。他にもプライベートウィンドウからログインすると、そのユーザーがどのアカウントなのかわかるね!

ウィンドウを閉じないと情報は消えない

プライベート機能はウィンドウを閉じなければ情報が残ったままになります。

そのためプライベート機能を使い終わったら開いたタブやウィンドウが残ったままになっていないか確認するようにしましょう。

ブラウザもiOSもプライベート機能を解除すれば問題ありません。

「Brave キャッシュと閲覧履歴のよくある質問」

GoogleChrome(クローム)と同期したとき、キャッシュと閲覧履歴はどうなりますか?

キャッシュと閲覧履歴は同期されないため、それぞれのブラウザに保存されます。

Braveブラウザで削除した閲覧履歴を復元する方法はありますか?

削除した閲覧履歴を復元する方法はありません。

キャッシュクリアするとどんな効果がありますか?

ウェブページの読み込みがはやくなります。

また新しい情報が再度ダウンロードされるため最新の状態で読み込まれます。

【結論】Braveのキャッシュクリアと閲覧履歴削除はまとめて楽にできる!

この記事のまとめ
  • 設定画面からキャッシュも閲覧履歴も選択して削除可能!
  • プライベート機能を使えば検索履歴も残らない!
  • いらないデータを消して快適なネットサーフィンができる!

Braveは読み込み速度が速いはやいという強みがあります。

さらにBraveは便利な拡張機能が多くありウォレットや他サービスとの連携も可能と多機能なブラウザです。

だからこそ定期的にキャッシュや閲覧履歴など不要なデータが溜まっていないか確認し、動作が重たくならないように管理しましょう!

またBraveのおすすめ拡張機能を知りたいあなたは『【作業効率UP】Brave(ブレイブ)でも使えるおすすめ拡張機能10選【必須機能】』をチェックしてみてください!

次世代ブラウザBraveはまだまだこれから発展していくと思われます。

ぜひBraveを使いこなして、快適なネットサーフィンを楽しんでください!

TechMoireオリジナル書籍販売中!

kindle-unlimited-view

使っていないだけで、間違いなく損しています!

Braveを1年間使い続けている、わたしが自信をもっておすすめできる便利な使い方まで紹介。

乗り換えるのが面倒だと思っているかもしれませんが、ブックマーク移行も3分で終わります!

kindle Unlimitedなら無料で読める!

TechMoire(テックモワ)では、web3(AI / メタバース)やITスクールの情報などを中心に情報を発信しております。

もしよければ、X(@TechMoire)のフォローなどもよろしくお願いします。

一緒に最新技術を楽しんでいきましょう!

九十九すい

それでは、ありがとうございました! 

管理者情報

ITコンサルタント

あらき きりん

現役ITコンサルタント 兼 Webディレクターとして従事。2015年に未経験からITスクールに入学。その後、EdTech企業にて、IT講師として大手企業や個人受講生に向けた授業(Webデザイン、プログラミング、マーケティング、ディレクションなど)を担当。スクールキャリアカウンセラーとして、述べ1,000人以上のキャリアサポートや授業を経験。現在は、IT系メディアの運営や企業ITサポート、Web制作をしながら、web3についての情報を発信しています。本メディアの記事はすべて、わたしが監修しています。

  • URLをコピーしました!
目次