NFTの情報収集するならN局!日本NFT情報局の特徴や将来性を紹介!

N局_thumb

九十九すい

こんにちは!九十九すいです!NFTの情報を集めるなら必須の日本NFT情報局(N局)を紹介してもらうよ!

こんな疑問をもったあなたにおすすめ!
  • NFTプロジェクトN局(日本NFT情報局 )とは?
  • N局(日本NFT情報局 )は誰が運営しているの?
  • N局(日本NFT情報局 )の特徴と将来性は?

ひとことで言うなら「NFTを触る全ての人に便利な情報」を教えてくれるNFTプロジェクトです。初心者から上級者までどんな人にも役に立つ機能が満載です!

N局はNFTプロジェクトの情報を効率よく手に入れることができる会員制のNFTプロジェクトです。

随時最新の機能も追加されているので、初心者からNFT投資家まで幅広い層に注目されています!

売り切れることはないNFTなので購入を急ぐ必要はないですが、早めに購入するほど安い価格で購入できる点には注目です。

本記事を読んで、N局に魅力を感じたらぜひゲットしてみてください!

仮想通貨口座は2つ以上もっておけば口座凍結などの不測の事態にすぐに対応できるので、ビットバンクも作っておきましょう!

くわしい口座開設手順は、『bitbank(ビットバンク)の評判記事』をどうぞ!

\【期間限定】口座開設で現金1000円プレゼント! /

公式サイト:bitbank.cc

目次

NFTプロジェクト「日本NFT情報局 (N局)」とは?

N局は1年「あっきー」さんがファウンダーのNFTプロジェクト。コンセプトは「忙しいあなたのためのN局」です。

あっきーさんはNMO(NFT Marketing Orchestra)という、日本最大級のNFTマーケティングコミュニティ内で1年以上、諜報員として活躍されているNFT情報収集のプロフェッショナルです。

利用者が「こんなのほしかった」という機能のbotを次々に開発しており業界に衝撃を与えています!

パスポートNFT利用者のNFT情報を集める時間や手間を極力無くすよう設計されているので、一度N局を利用した人はその快適さに驚くことは間違いないでしょう。

九十九すい

N局で取り扱っている会員NFTを「パスポートNFT」というよ!

日本NFT情報局の基本情報

運営チーム

ファウンダーあっきーさん(@akkey_nftlife
公式Discordhttps://discord.com/invite/tA43ffM2cU
諜報員ponさん(@pon5244
諜報員+Discordエンジニアsasukeさん(@SasukeEth
マーケター兼アドバイザーうどん1号さん(@udon1GO
エンジニアむなかたさん(@munakata_souri

ファウンダーのあっきーさんを支える運営メンバーは全員NMO(NFT Marketing Orchestra)出身の実力者です。

早期からNFTに触れてきた猛者たち自身が「こんな情報が集まる場所があったらいい」という思いで作ったプロジェクトです。

運営メンバーは実力、実績ともに申し分なく、実名で活動されているメンバーがいることからプロジェクトの信頼度も高いと言えます。

パスポートNFT

コレクション名N局(日本NFT情報局 )
個体数無制限
初期販売日2023年1月15日
初期価格0.015ETH(スタンダート) 
0.05ETH(プレミアム)  
Opensea(プレミアム)https://opensea.io/collection/n-pass-premium
公式Discordhttps://discord.gg/VPZzfQAg
Voicy(NMO内で定期的に配信)https://voicy.jp/channel/3053/460479

N局のNFTは「パスポートNFT」の「SBT(エスビーティー)」であり、発行数は無制限となっています。

SBTとは・・・「譲渡不可」のNFTであり、転売などができない「投資価値のないNFT」で、N局のNFTのようにパスポート、会員証などとして使用されることがあります。

パスポートNFTとは、いわゆる『PFP(プロフィールピクチャー)』というSNSなどのアイコンに使うNFTではなく、コミュニティに入るための会員証という立ち位置です。

N局のNFTは有効期間が半年に設定されており、半年ごとに更新が必要なのも特徴です。

更新が切れてしまったときは、再購入する必要があります。

これはさらにN局を強化し、永くNFTの良質な情報を提供をする意味もあります。

わたし自身、NFTプロジェクトを追っていた時期がありましたが時間ばかり使ってしまい疲れてしまった経験があります。

かゆいところにまで手が届く便利機能満載で、正直お値段以上の価値を感じます。

N-PASSの3つの特徴

N局のパスポートNFT、通称「N-PASS」には「スタンダードパス」と「プレミアムパス」の2種類があります。

それぞれの特徴を3つに分けてお伝えします。

1|機能比較

まずは「スタンダート」と「プレミアム」どちらも利用できる機能です。

スタンダートにできて、プレミアムにできないことはありません。

スタンダードパス

standerd-pass
スタンダードパスポートNFT
  • 1週間/1日毎のセール情報
  • リビール情報やイベント情報まとめ
  • リリース済、リリース予定の注目PJ情報
  • 各種タスク情報(AL獲得やWallet提出)
  • セール通知システム
  • Twitterスペース通知システム
  • hey-soriが使える(PJ名でPJ情報検索できる機能)
  • フロアプライスBotを閲覧可能(スタンダートは数制限あり)

スタンダートパスだけでもこれだけの機能が使えるのが驚きです。

特にセールの通知機能は買い忘れ防止に役立つのでオススメです。

また最新のNFT情報を集めるために必須の「Twitterスペース通知システム」も助かります。

スペースはゲリラ的に始まることもあるので、この通知に助けられることは多いでしょう。

「hey-sori」はiPhoneの「hey-siri」をもじった名称で、気になるPJ名を入力すればプロジェクト情報が表示される「神bot」と呼ばれています。

プレミアムパス

premium-pass
プレミアムパスポートNFT
  • 1週間/1日毎のセール情報
  • リビール情報やイベント情報まとめ
  • リリース済、リリース予定の注目PJ情報
  • 各種タスク情報(AL獲得やWallet提出)
  • セール通知システム
  • Twitterスペース通知システム
  • hey-soriが使える(PJ名でPJ情報検索できる機能)
  • フロアプライスBotを閲覧可能(スタンダートは数制限あり)

——— 以下、プレミアムパス限定の機能 ———

  • フロアプライスBotを上限なしで利用可能
  • フロア価格が変動した際の通知機能
  • 新サービスの優先利用
  • NFTプロジェクトの月間セール情報
  • NFTセミナーの情報
  • プレミアムパスホルダー専用チャンネル閲覧権限
  • NFT資産の数値化
  • ウォレット提出リマインダー
  • ガス代アラート

NFTの価格を確認するためには、ひとつひとつOpenSeaで確認しなければいけなかったので、注目プロジェクトのフロアプライスが一覧で全て見れるのが非常にありがたい機能です。

また急なフロア価格の通知機能も便利で、売買を盛んに行うNFT投資家には特におすすめです!

わたしの個人的なおすすめポイントは「プレミアムパスホルダー専用チャンネル閲覧権限」で、有識者の方々の見解が覗けることです。

これらの機能は、初心者〜上級者、コレクターから運営者までの、NFTに関わる全ての人に役立つ情報であります。

無料で機能を体験できる「お試しパス」というプレミアム体験版もありますので、実際に使用してみてN局の機能を体験してみてください。

とーるくん

こんなに使えてこの価格ならお得感がすごいですね!

2|値段比較

premium
standard
初期価格
  • スタンダードパス:0.015ETH
  • プレミアムパス:0.05ETH

ちなみに、リリース直後は約900枚のパスポートが購入されました。

プレミアムが700枚・スタンダートが200枚ほどの割合で販売されており、プレミアムパスの人気が伺えます。

理由はプレミアムの機能が魅力的で、「お値段以上」の価値があると認識されているからの結果であると言えるでしょう。

2023年1月末時点の価格で言えば、スタンダートが3,000円ほど、プレミアムが10,000円です。

2023年2月1日から、スタンダートパスは0.025ETHに、プレミアムは0.06ETHに値上げしています。

公式のアナウンスによると、これからも順次機能の追加により値上げする可能性もあるとのことでしたが一度購入することで以降の更新は同じ価格でできます。

今後変更の可能性もあるので、購入・更新の際は公式情報をチェックしてください。

九十九すい

早く買った方がお得なんだね!

とーるくん

ずっと使っていくなら早く買うのがお得ですね!!

3|半年ごとの更新が必要

N局のパスポートNFTは、買い切りではなく半年ごとに更新が必要になります。

更新が切れてしまったときは、再購入する必要があります。

とーるくん

継続してお金がかかるのか…

こんな懸念される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、NFTの情報は移り変わりが早く、正確な情報を掴むのが非常に難しいです。

そのため苦労してAL(優先購入権)をゲットしても、販売日を忘れていて機会損失をした経験を持つNFTコレクターは少なくないと聞きます。

人気コレクションのNFTなら、購入後に数万円〜数十万円の価値が出ることも珍しくないのでこの機会損失は防ぎたいです。

これを回避するために、N局のパスポートNFTの機能のひとつ「通知機能」で、機会損失の確率を大幅に下げることができます。

九十九すい

買い忘れ防止にもつながる通知機能は便利だね!

日本NFT情報局 の今後の展開

NFTに本気で取り組んでいくなら、必須とも言えるN局のパスポートNFTですが常にアップデートをしていくようです。

N局(日本NFT情報局 )の今後
  • 機能が続々追加される予定
  • 増える一方のプロジェクトを追うためさらに需要は高まる
  • アフィリエイト機能が追加される予定

新機能が続々追加される予定

直近で追加された機能がDiscord内のコマンド「combat-power 」です。

これはDiscord内で「/combat-power 」と入力すると、自身の持つNFTの「個数」「ETH価格」「日本円価格」が表示される機能になります。

この機能を使うには事前に「ウォレット接続くん」というbotにあらかじめ自分のウォレットを登録しておく必要があります。(複数ウォレット登録可能)

「/combat-power 」を使用すれば、自身が保有しているN局がピックアップしたNFTコレクション(40プロジェクトほど)の総額がすぐに表示されます。

瞬時に「今の価格」を計算してくれるので、資産の確認にうってつけです。

このような機能が今後も増えていくことが予想され、ますます「お値段以上」なNFTになっていくので安いうちに買ったほうが断然お得です。

九十九すい

どんどんアップデートされていくのはとても魅力的だね!

需要・値段が上がる可能性は高い!

今後もたくさんのNFTプロジェクトが生まれてくるので、すべての情報をひとりで追うのは、わたしの経験談から非常に困難です。

さらにNFTプロジェクトが増えれば、N局の利用者が増え、新しい機能が増えていくことは必然です。

そうなれば、パスポートNFTの値段があがる可能性は高いです。

早期にN局パスポートNFTを購入して、パスポートNFTを持った人と一緒に国産NFTプロジェクトを追いながら仲間作りするのもおすすめの楽しみ方です!

アフィリエイト機能が追加!

N局のアフィリエイトを利用するには、ディスコードでの申請・承認が必須です!

成果報酬40%(ETH払い)
購入者の
キャッシュバック
10%(ETH払い)
6月末まで
対象者プレミアムパス保持者
審査合格者
掲載可能媒体ブログのみ
(SNSなどはNG)
とーるくん

ブロガーの方には朗報ですね!

また下記のようなアフィリエイト用の素材も提供しているので、ブロガーの方には非常にありがたいです。

ただし、N局アフィリエイトをするときには、いくつか注意点がありますので必ず確認しましょう!

N局アフィリエイトの注意点
  • プレミアムパス必須
  • ブログのみで訴求可能
  • 購入者キャッシュバックは6月末まで
  • 報酬はETH払い(現金払いなし)

N局(日本NFT情報局 )パスポートNFTの買い方

N局パスポートNFTを購入するのは簡単で、Discordに入って「mintsite」から購入可能です。

Discord
コレクション名N局(日本NFT情報局 )パスポートNFT
個体数無制限
リリース日2023年1月15日
リリース価格0.025ETH(スタンダート) 
0.06ETH(プレミアム)  
Openseahttps://opensea.io/collection/n-pass-premium
公式Discordhttps://discord.com/invite/tA43ffM2cU

順次、機能追加と共に値上げされていくとのことなので、購入される際は早め購入をおすすめします。

N局パスポートNFTは「半年更新」、価格は初購入時の価格で更新可能なので初期購入価格は重要です。

ただし売り切れの心配はないので、焦って購入しなくても大丈夫です!

とーるくん

継続して利用していくなら早めの購入がおすすめですね!

大切なNFTを守る方法

  1. 必ずディスコード・公式からアクセスする
  2. DMは必ず疑う!
  3. 大切なNFT・仮想通貨を守る方法

必ずディスコード・公式からアクセスする

OpenSea内の検索から、NFTプロジェクトを検索しないでください。

中には本物そっくりの詐欺サイトもあります。

間違って詐欺サイトから購入すると、あなたの大切な仮想通貨やNFTを盗まれる可能性があります。

購入サイトなどに訪れる際は、ディスコードの「公式リンク集」、もしくは公式(SNS・ホームページ)からのアクセスが最も安全です。

ディスコードは、NFT界隈でコミュニケーションツールとして使われているチャットツールです。

ディスコードに入るのに必要なものは「メールアドレス」のみです。

DMは必ず疑う!

有名人、知り合いなど、どんな人からDMをもらっても、まずは必ず疑ってください。

送られてきたDMのリンクにアクセスすると、ウォレットがハッキングされる可能性があります。

詐欺師は、具体的には下記方法でDMをしてきます。

【要注意】詐欺師のDMの内容一覧
  • ホルダー向けのエアドロップの案内
  • ホワイトリスト / アラウリスト(優先購入)配布
  • NFT当選
  • 新情報の案内
  • ウォレットのシードフレーズを聞かれる

ただし、企画の当選などで公式からDMがくることがあります。

そのときはTwitterアカウントの普段の発信内容やフォロワー数、一次情報の確認を必ず行ってください。

どんな状況でも、まずは疑うことが重要です。

詐欺被害の多くががDMによる被害です。

大切なNFT・仮想通貨を守る方法

仮に詐欺サイトにアクセスしても、大切なNFT・仮想通貨を守る確立を大幅に上げる方法があります。

ハードウェアウォレットは、金庫のようなものだと考えてください。

仮想通貨用の財布とはいえ、全財産をまとめて置くのは非常に危険です。

現実世界で例えるなら、コンビニに行く際に毎回全財産を財布に入れていくようなものです。

明らかに危ないですよね?購入したNFTをハードウェアウォレット(金庫)に入れておけば、安全性がかなり上がります!

わたしのおすすめは、世界でもっとも売れているレジャーナノ です。

レジャーナノ バナー

\ 暗号資産を最先端セキュリティで守る! /

ハードウェアウォレットがあれば、仮に詐欺サイトにアクセスしたとしても、MetaMaskの中に、NFT・仮想通貨がなければ盗まれるものがないので問題ないです。

NFTや仮想通貨は一度盗まれると帰ってくることは、ほぼ100%ないです。

価格も1万円くらいなので、数十万円のNFTを守るためのものと割り切って買うのはありだと思います。

他のウォレットを『NFT・仮想通貨ウォレットおすすめ/メタマスクへの登録方法をご紹介』の記事で紹介していますので比較にどうぞ!

【結論】NFTを本気で取り組みたい人は必須のNFTパスポート!

まとめ
  1. NFT情報収集時間が大幅短縮!
  2. アップデートされていくパスポートNFT
  3. 今後実装予定のアフィリエイト機能に注目

日本のNFT界隈はどんどん盛り上がっており、いくつものプロジェクトが乱立しています。

個人レベルで多くのNFTプロジェクトを追うことは困難です。

また腕利きの諜報員がいるN局が見つけられないNFTプロジェクトはほとんどないといっても良いくらいです。

N局を利用すれば、効率よくNFT情報を集めることができ、NFTをもっと楽しむことができます。

購入後も進化し続けるパスポートNFTなので、その体験だけでも購入する価値があります。

パスポートNFTは無料体験版もありますので、まずはN局のディスコードを覗いてみてください!

手数料で損をしないためのお知らせ!

仮想通貨をビットバンク以外で買った時点で大きく損してます!

取引のたびに手数料を取られ、気づけば1万円を超えたこともあります…。

ビットバンクは損するどころか、手数料のキャッシュバックがあります!

仮想通貨取引に慣れている人こそ、利用している国内取引所なので、おすすめです!

取引所名最大手数料5万円分購入した場合
bitbank-0.02%
※makerのみ
※一部銘柄を除く
+10円
coincheck5%-2,500円
bitflyer0.15%
-75円

\【期間限定】口座開設で現金1000円プレゼント! /

公式サイト:bitbank.cc

くわしい口座開設手順は、『bitbank(ビットバンク)の評判記事』をどうぞ!

TechMoire(テックモワ)では、web3(AI / メタバース)やITスクールの情報などを中心に情報を発信しております。

もしよければ、X(@TechMoire)のフォローなどもよろしくお願いします。

一緒に最新技術を楽しんでいきましょう!

九十九すい

それでは、ありがとうございました! 

管理者情報

ITコンサルタント

あらき きりん

現役ITコンサルタント 兼 Webディレクターとして従事。2015年に未経験からITスクールに入学。その後、EdTech企業にて、IT講師として大手企業や個人受講生に向けた授業(Webデザイン、プログラミング、マーケティング、ディレクションなど)を担当。スクールキャリアカウンセラーとして、述べ1,000人以上のキャリアサポートや授業を経験。現在は、IT系メディアの運営や企業ITサポート、Web制作をしながら、web3についての情報を発信しています。本メディアの記事はすべて、わたしが監修しています。

  • URLをコピーしました!
目次