壮大な都市景観!パラレルワールド!余すことなく、想像を掻き立てるマルチアーティスト!

本記事の内容および画像の使用はご本人から許可をいただき作成をしています。
本記事の無断複製・転載・転用は固くお断りいたします。

九十九すい

今回はマルチアーティスト「ふじたりあん」さんを紹介するよ!

目次

ふじたりあんさんの特徴

ふじたりあんさんのここがスゴイ!

引用元:Youtube(3DCGアニメーション「不死の都」リメイク版)
引用元:Youtube(フォトバッシュ30秒メイキング)

完成後が魅力的なのはもちろんのこと制作過程も美しく見えるのはわたしだけでしょうか。

わたしが初めてふじたりあんさんの作品をみたとき表現力と世界観に自然と笑みがこみ上げてきました。

わたしの主観で大変恐縮ですが、イラストといえば人物・動物など、生命のあるものが主役になることが多いです。

ですが、ふじたりあんさんの作品はイラスト全体を通した圧倒的な生命力を感じます。

たとえ主役のキャラクターがいても、背景に感動してしまうこと間違いなしです。

実績紹介

ふじたりあんさんの活動の一部をご紹介させていただきます。

世界に誇る大手企業、大日本印刷(DNP)、エイベックス、講談社による「音楽×仮想世界」をテーマとしたプロジェクト「十五少女」の3DCG背景作成に携わっているところです。

しかも街一個を丸ごとつくったというので驚きです!

他にも小説のメインビジュアルの作成も行っています。

キャライラスト、フォトバッシュ、3DCG、写真、小説の執筆など、マルチな才能を発揮されているマルチクリエイターさんです。

ふじたりあんさんが3DCG背景作成に携わった「十五少女」のアルバムが販売されています!

ふじたりあんをさらに詳しく知りたい方はぜひTwitterを確認してみてください!

ふじたりあんさんに聞く!作品のポイント!

九十九すい

そんなふじたりあんさんご本人に、作品に込めるこだわりをお聞きしました!よろしくお願いします!

ふじたりあんさん

よろしくお願いします^^

Point1:全体的なテーマを大切に

新宿404

FUJITARIAN Collection
新宿404
参照元:pixiv

Tech Moire(テックモワ)からの紹介

僭越ながらテックモワがふじたりあんさんの作品をお借りして、ポイントごとに紹介させていただきます。

わたしがふじたりあんさんの作品は、全体をみても、もちろん楽しめるのですが、ひとつひとつの人や建物に好奇心をくすぐられます。

中央左をみると「ビックカメラ」「ODAKYU」と馴染み深い文字があります。

さらに看板が集まった部分(左手前)をみてみるとすると「迷路帖」「エルフマート」など想像をかきたてられる名前が多くあり、わくわくしてきます。

またどこか「懐かしいあの頃に戻るような」「映画のワンシーンに入り込んだような」「過去の未来を見せてもらえたような」いろんな感情が交じりあい、非常に魅力的です。

10年後にみたら、感じることが変わるような、そんな楽しみ方もできる作品だと感じました。

ふじたりあんさん

全体的に、『マクロとミクロのせめぎあい』『日本と東京』『没入感と圧迫感』 というテーマを起点として制作していて、そういったものを感じてもらえると嬉しいです

Point2:情報を詰め込む

東京マシーン

FUJITARIAN Collection
東京マシーン
参照元:pixiv

Tech Moire(テックモワ)からの紹介

情報を詰め混んでいるからこそ全体の調和を取るのが非常に難しいと感じます。

ですがそれをごちゃごちゃさせずに、空白にせずに、とても綺麗にまとめられていると感じました。

わたしたちの目線で、イラストのような風景を見ることはできないです。

遠くのビル群や地上の風景、上空の空気感など、細部にいたるまで一切妥協せずに描きこまれたイラストはわたしたちに「鑑賞」ではなく「体感」させるのではないでしょうか?

ふじたりあんさんの作品は、本来みることができない絶景をわたしたちに魅せてくれます。

ふじたりあんさん

空白地帯が出ないように、画面の隅々1ピクセル単位で情報を詰め込んでいます

Point3:個性を大切に

平成48年

FUJITARIAN Collection
平成48年
参照元:pixiv

Tech Moire(テックモワ)からの紹介

一目みてわたしはこの建物から歴史を感じ「平成48年」という存在しない空間が世界のどこかに実在しているように錯覚しました。

ふじたりあんさんの描く景色からは、時間の流れを強く感じます。

たとえば、中央上部にある「薬」と書かれた丸い看板をみてみます。すると、その看板の汚れに気が付きませんか?

長年設置されたことで酸化し、表面に錆ができています。こうして他の建物や看板をみると、様々な場所に「時間」を感じる表現がほどこされています。

人工物のなかにある自然の要素をくみとり、作品にとりこむ技術は、プロの技だと思います!

メタバースに「平成48年」のような空間があったら、真っ先にダイブしたくなります。

ふじたりあんさん

自分以外の個性を交えないように意識し、人が意図してデザインしたもの以外(自然、下町、動物など)のみを参考にして作っています

マーケットプレイス(購入先)

現在はNFTは販売されておりませんがアカウントの作成はされています。

気になる方は先にフォローしてみてください。

またBOOTHではなんと!ふじたりあんさんがつくった素材を無料配布を行っておりますのでチェックしてみてください。

販売元URL
OpenSeahttps://opensea.io/fujitarian
BOOTHhttps://noveldrum.booth.pm/

SNS・ホームページ

最新コンテンツをいち早く知りたいあなたは各SNSをフォローしてみてください!

SNS名URL
Twitterhttps://twitter.com/noveldrum
pixivhttps://www.pixiv.net/users/18270921/artworks
HPhttps://noveldrum.com/
YouTubehttps://youtube.com/c/noveldrum

ふじたりあんさんからの皆さんへコメント

ふじたりあんさん

ご覧いただきありがとうございます^^

僕は、汚れと生活感の美しさを表現しています

汚れは、人の営みや自然の摂理で生まれたものです

それは富士山が美しいのと同じで、東京にはそれを一ひねりしたような美しさがあります

下町の電柱、室外機、首都高、看板、 その美しさを万人受けするように変換したのが僕の作品です

もし僕の作品を美しいと思えたのなら、東京の隠れた美しさにも気付けるかもしれません

探してみてください

九十九すい

創作活動のお忙しい中、テックモワにお越しいただき本当にありがとうございました!

まとめ|東京の魅力を最大限引き出すイラストレーター

今回は、ふじたりあんさんをご紹介させていただきました。

見るたびに新しい発見がある魅力ある世界観は、ふじたりあんさんにしかできない表現だと感じています。

イラストだけではなく、3DCGの分野でも活躍もされている点にも注目です!

気になる方はぜひSNSを見てみてください!

ふじたりあんさんには、貴重な機会をいただき本当に感謝しております!

最後にイラストレーターさんたちの素晴らしいNFT作品を守るための方法を紹介させていただきます。

大切なNFTを守る方法

  1. 必ずディスコード・公式からアクセスする
  2. DMは必ず疑う!
  3. 大切なNFT・仮想通貨を守る方法

必ずディスコード・公式からアクセスする

OpenSea内の検索から、NFTプロジェクトを検索しないでください。

中には本物そっくりの詐欺サイトもあります。

間違って詐欺サイトから購入すると、あなたの大切な仮想通貨やNFTを盗まれる可能性があります。

購入サイトなどに訪れる際は、ディスコードの「公式リンク集」、もしくは公式(SNS・ホームページ)からのアクセスが最も安全です。

ディスコードは、NFT界隈でコミュニケーションツールとして使われているチャットツールです。

ディスコードに入るのに必要なものは「メールアドレス」のみです。

DMは必ず疑う!

有名人、知り合いなど、どんな人からDMをもらっても、まずは必ず疑ってください。

送られてきたDMのリンクにアクセスすると、ウォレットがハッキングされる可能性があります。

詐欺師は、具体的には下記方法でDMをしてきます。

【要注意】詐欺師のDMの内容一覧
  • ホルダー向けのエアドロップの案内
  • ホワイトリスト / アラウリスト(優先購入)配布
  • NFT当選
  • 新情報の案内
  • ウォレットのシードフレーズを聞かれる

ただし、企画の当選などで公式からDMがくることがあります。

そのときはTwitterアカウントの普段の発信内容やフォロワー数、一次情報の確認を必ず行ってください。

どんな状況でも、まずは疑うことが重要です。

詐欺被害の多くががDMによる被害です。

大切なNFT・仮想通貨を守る方法

仮に詐欺サイトにアクセスしても、大切なNFT・仮想通貨を守る確立を大幅に上げる方法があります。

ハードウェアウォレットは、金庫のようなものだと考えてください。

仮想通貨用の財布とはいえ、全財産をまとめて置くのは非常に危険です。

現実世界で例えるなら、コンビニに行く際に毎回全財産を財布に入れていくようなものです。

明らかに危ないですよね?購入したNFTをハードウェアウォレット(金庫)に入れておけば、安全性がかなり上がります!

わたしのおすすめは、世界でもっとも売れているレジャーナノ です。

レジャーナノ バナー

\ 暗号資産を最先端セキュリティで守る! /

ハードウェアウォレットがあれば、仮に詐欺サイトにアクセスしたとしても、MetaMaskの中に、NFT・仮想通貨がなければ盗まれるものがないので問題ないです。

NFTや仮想通貨は一度盗まれると帰ってくることは、ほぼ100%ないです。

価格も1万円くらいなので、数十万円のNFTを守るためのものと割り切って買うのはありだと思います。

他のウォレットを『NFT・仮想通貨ウォレットおすすめ/メタマスクへの登録方法をご紹介』の記事で紹介していますので比較にどうぞ!

TechMoire(テックモワ)では、web3(AI / メタバース)やITスクールの情報などを中心に情報を発信しております。

もしよければ、X(@TechMoire)のフォローなどもよろしくお願いします。

一緒に最新技術を楽しんでいきましょう!

九十九すい

それでは、ありがとうございました! 

管理者情報

ITコンサルタント

あらき きりん

現役ITコンサルタント 兼 Webディレクターとして従事。2015年に未経験からITスクールに入学。その後、EdTech企業にて、IT講師として大手企業や個人受講生に向けた授業(Webデザイン、プログラミング、マーケティング、ディレクションなど)を担当。スクールキャリアカウンセラーとして、述べ1,000人以上のキャリアサポートや授業を経験。現在は、IT系メディアの運営や企業ITサポート、Web制作をしながら、web3についての情報を発信しています。本メディアの記事はすべて、わたしが監修しています。

  • URLをコピーしました!
目次